オーストラリア

オーストラリアの鎮痛剤はこれ|パナドール

投稿日:


オーストラリアの風邪薬と頭痛薬ってどれなの?

【記事の内容】

・パナドールってなに?
・解熱鎮痛剤/総合感冒剤
・日本の薬だったらどれに当たる?
・どれくらい飲めばいい?

一般的な総合感冒剤、頭痛薬として売られてるのはパナドールです。

僕は風邪をひいたときは、病院には行かずこのパナドールを飲みます。


スポンサーリンク





オーストラリアの鎮痛剤はこれ|パナドール

こちらはラピッドタイプ(速攻タイプ)の物ですが、いくつか種類が分かれています。

日本の薬だとカロナールにあたります。

解熱鎮痛剤の中では最も副作用が少ないですが、副作用はあるので容量を守って処方してください。




パナドールってなに?


パナドールは、オーストラリアの総合感冒剤、解熱鎮痛剤、また頭痛がある時などに服用します。
成分は、アセトアミノフェン(パラセタモール)




効能・効果


・発熱
・悪寒
・頭痛
・筋肉痛
・生理痛
・歯痛
・風邪やインフルエンザの症状




飲み方


年齢錠数服用間隔
12歳以上4−6時間に1回、水で服用(24時間以内最大8錠まで)


1カプセルにアセトアミノフェンが500mg入ってるので、日本人には1回に2錠飲むと少し強すぎるかもしれません。1錠飲んでみて様子を見ましょう。


スポンサーリンク



どこで売ってるの?


スーパー、もしくは薬局に売っています。

いろんなブランドから出ています。




まとめ


・パナドールとは
・飲み方
・どこで買えるのか

オーストラリアでは一般的な風邪薬パナドールの紹介でした。

薬は日本のと比べると強めです。なので容量は気をつけて飲んでください。

気になる方はこちらも↓

ワーホリ、オーストラリアで必要な服装はこれ|ブリスベン編
オーストラリアのワーホリ|虫事情どうなの?ゴキブリは?ベッドバグは?



-オーストラリア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

素敵なカフェ

ブリスベンにあるカフェ、Fortitude Valleyにあるのですが Icinghill というカフェに行って来ました。 カウンターレジに向かって歩いてくと、ケーキが並んでるのが見え、 可愛いが止ま …

オーストラリア、ブリスベンの生活

今度ブリスベンに旅行に行こうと思ってるんですが、色々とブリスベンについて知りたいんです。 こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです。 ブリスベンは、とっても過ごしやすい都市です。 比較的、 …

ワーホリに行くのに理由はいるのか

ワーキングホリデーに行こうか迷ってるんだ。でも行くには、仕事を辞めたり色々準備したり、親に同意をもらったり、仕事先の人から何を言われるかわからなくて不安。それに、ワーホリの帰国後もちゃんと就職できるの …

THE DAILY COFFEE Co.

こんにちは しょーたです 今回は、ブリスベンシティーにある大学?のカフェをご紹介します もくじ 1.どんなところ? 2.場所は?営業時間は? 3.お味は? 1.どんなところ? こちらのカフェは、入って …

うちのご飯事情

みなさん こんにちは オージーの彼と同棲してるしょーたです 今回は、オーストラリアでの食事はどうしているのか どんなものを食べているのかということをシェアします 国際恋愛ですと、文化の違いで主食の食べ …

自己紹介


Shota

英語、雲、海、パワーストーンが大好き。日本→カナダ→日本→オーストラリア→オージーの彼に出会い、オーストラリアでのんびり彼と暮らしてます。
英語、国際恋愛、カフェなど綴ります。

YouTube
Shota and Dean