カナダ ワーキングホリデー 体験談 国際恋愛

カミングアウトしたらハグと誇りに思うよとボスから受け入れてくれた話

投稿日:2020年4月30日 更新日:


カミングアウトしようか迷ってるんです。カミングアウトしてない状態で人と話すと、自分が壁を1枚貼って嘘をついてるような気持ちになるんです。でもカミングアウトするの怖いんです。どうしたらいいのでしょうか。


こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです。


カミングアウトってそう簡単にできません。

言った後のみんなの反応が怖いのです。

人として扱ってくれなくなるのかもという恐怖があるのです。




これは僕のカナダでの体験談です。

先日こちらのツイートをしました。

もしかしたらもう少し詳しく知りたい方もいるのかなと思い記事を書くことにしました。




スポンサーリンク




カミングアウトしたらハグと誇りに思うよとボスから受け入れてくれた話

カミングアウトしたらハグと誇りに思うよとボスから受け入れてくれた話

2012年1月の終わりにカナダにワーホリで降り立ちました。

最初は、カナダの田舎でホームステイをしたり、語学学校に行って勉強する日々を送っていました。

あっという間に3ヶ月は経ち、学校を卒業。




バンクーバーに引っ越すことに



バンクーバーで仕事探しをするもの、全く見つかりませんでした。


そしてついにバンフへの移動をすることに決めたのです。


実は、これにはシェアメイトが関係していて、

その人がバンフに行くと言い始め、じゃあ僕もついてく

ということで行くことになるのです。




メール一通で仕事ゲット



急いで仕事を探し、なんとメール一通で仕事をゲット。社宅付き。

これは行くしかない!!!チャンスだ。

と思いすぐにバンフに向かいました。



バンクーバーからバスで16時間揺られ、バンフに到着。

そのまま仕事先に行き、社宅の鍵や仕事の契約を結びました。


この時は、まさかこのボスがそんなにも素敵で素晴らしい人だということを

知りませんでした。




スポンサーリンク




仕事開始し彼氏ゲット



そして、仕事が始まり3ヶ月、4ヶ月経った頃でしょうか。

僕に彼氏ができました。オンラインアプリで出会いました。


できたのはいいのですが、なぜだか本当に好きなのか証明してということになり

フェイスブックで関係のステータス(リレイションシップ)を入れるということになりました。


この時点では、フェイスブックはほぼみんな仕事先の人、あとは語学学校の人。

そして、僕がゲイだということを知っている人は、ほんの数人でした。



この時は彼のためだと思い、関係を投稿しました。




緊張と喜び



確か夜だったのを覚えています。

投稿後は、体が震えて、冷や汗が出て

みんなからどう思われるのか怖くて怖くて


ですが、みるみるうちにイイネがついていきました。


これって受け入れてくれたってこと?それとも傷つけたくないから?

とりあえずイイネ押しておけばいいかなと思って押したってこと?

受け入れてくれたの?大丈夫なの?

なんて一人でネガティブ思考。と受け入れてくれたんだというポジティブ思考。


緊張は止まらず、そのままフェイスブックを見つめていました。

そしたら、何人かの人がおめでとうと書き込んでくれるではないですか。


嬉しくって泣きそうになりました。




スポンサーリンク




ボスからのメッセージ



『おめでとう!明日しょーたはお休みだけど、仕事場に来てもらえるかな?』

僕『行けますよ。』

と返信。


そうしてると今度は、仲の良い友達からメッセージが飛んで来て、

友達『今ハグしに行くから部屋行くね』

って来てくれました。

今でも決して忘れることはないです。


部屋に来てくれて、

友達『よかったね!みんな受け入れてくれてるじゃん』

って。

ものすごく嬉しかったのと、ものすごい恐怖を同時に味わい

体は震え続けました。心臓もバクバクなっているのが聞こえていました。



そして翌日、緊張とともにボスの元へ向かいました。

仕事場に着いたら


ボス『こっちへおいで。ハグしてあげるよ。』

と言ってハグをしてもらい、そのままボスが

『I’m proud of you』

と言ってくれました。



泣きそうになり必死にこらえました。

僕は

『ありがとう。本当にありがとう。受け入れてくれてありがとう。』

と伝えました。

そのあとは、緊張しすぎてて記憶がないのです。




受け入れてもらえる喜び



このことを通じて僕は、

人から受け入れてもらえる嬉しさを学びました。

自分に自信を持っていいんだと言うことを学びました。

自分はありのままの自分でいいんだと言うことに気付かされました。


本当にあの時、出逢ったみんなに感謝です。

もしみんなに出逢えてなかったら、今の自分はいないですから。


僕はみんなが今でも大好きで、忘れることは絶対にないです。

そんなこともあり、カナダ、バンフが大好きになりました。

あれから8年経ちましたが、今でもそのボスとは連絡を取り合っています。


なので、あなたがもしカミングアウトをしようと思っているのなら

してみてもいいんではないでしょうか?

素敵な人たちは、きっとあなたの周りにいるはずです。


ということで以上が僕の体験談でした。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

少しでもみなさんの役に立てれば嬉しいです。



-カナダ, ワーキングホリデー, 体験談, 国際恋愛
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

24時間営業のパンケーキ屋さん

こんにちは しょーたです 今回は、オーストラリア、ブリスベンにあるパンケーキ屋さんのご紹介です もくじ1 もくじ2 1.どんなところ?3 2.場所は?時間は?4 3.どんな感じのパンケーキがあるの?5 …

ゴールドコーストのカフェ|The Beach Shack Cafe

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです。 オーストラリア、ゴールドコーストのカルンビンビーチの向かいにあるカフェ兼バーガがいただけるお店に行って来ました。 The Beach Shack …

オーストラリア 文化の違い

オーストラリアに旅行に行こうと思ってるんですが、文化を知らないことによって失礼なことはしたくないので、日本との違いを教えて欲しいです。 こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです。 自転車に …

英語の勉強にオススメな最強な2つの教材(Forestとデータベース)

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです 気が付いたら6ヶ月で英語が話せるようになっていました。 英語の勉強に必要なことは、自分で英語環境を作り継続すること。 継続できないなら、継続しない …

Monocle Coffee

Morningsideという、シティーから東方面に行ったとこにある シンプルなカフェ、白と木材を貴重にした素敵なカフェに行って来ました。 シティーからバスで行く場合は、235番のバスで30分ほど行くと …

自己紹介


Shota

英語、雲、海、パワーストーンが大好き。日本→カナダ→日本→オーストラリア→オージーの彼に出会い、オーストラリアでのんびり彼と暮らしてます。
英語、国際恋愛、カフェなど綴ります。

YouTube
Shota and Dean