オーストラリア 体験談 英語

混乱する英語

投稿日:

こんにちは オージーの彼と同棲してるしょーたです

今回は、英語を話す上で、よく間違える文法をシェアします

※僕の体験談から作成しました



もくじ

1.-edと-ing
2.comingとgoing
3.inとinto
4.最後に



1.-edと-ing

これよく間違えました

そして今でも間違えます

ではいきなり例文からいきます


-ed

1. I’m tired.

私は疲れている。


2. I’m interested in music.

私は、音楽に興味がある。


3. I was surprised.

私は驚いた。


4. I’m confused.

私は混乱してる。


5. I’m frustrated.

私はイライラしてる。




-ed

1. It was tiring work.

疲れる仕事だった。


2. That’s interesting music.

興味深い音楽です。


3. That was a surprising gift.

びっくりするギフトだった。


4. That’s a confusing story.

それは混乱する話です。


5. That’s a frustrating story.

それは、イライラする話です。



基本的に-edは自分や相手の状態に対して使い

-ingは自分以外の物や事などに使います

例外もありますが、、、



2.comingとgoing

come→来る

go→行く

という意味だと思うのですが、

例えば、あなたが友達の家に呼ばれたとします。そして、その友達の家に行くときに使えるフレーズなのですが、

日本語だと、今君の家に行ってるよ/向かってるよ

ですが、英語の場合、go/comeを状況によって使い分けます

今すでに外に出て、相手の家に向かっている場合

I’m coming to your place

と言います。

もしあなたがまだ家を出てない状態だったら、

I’m going to your placeと言えます。



3.inとinto

in→〜の中に

into→〜の中に

って意味だけ見ると、まったく同じに見えるのですが、文で表すとわかるようになります

自分もこれを中学生の時に習って

へ?は?訳がわかりませーん

って感じでした。まさかそこから10年以上も経ってわかるようになるとは、、、

さておき

それでは、例文です


I jumped in my room.

私は、部屋の中でジャンプした。


I jumped into my room.

私は、ジャンプして自分の部屋に入った。


という意味に変わります。



4.最後に

いかがだったでしょうか?

他にも、困ったことはありすぎてどれがどれだったか覚えてないのですが、また何か思い出したらシェアさせていただきます

最後まで読んで下さりどうもありがとうございます

-オーストラリア, 体験談, 英語
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Espresso Max Café

今回は、ブリスベンのガーデンシティーのショッピングモールにあるカフェ

彼からサプライズケーキ

ただいま仕事4連勤目 あと、3連勤でお休み♪ というわけで、最近毎日ハードで疲れきって、 今日は、本当に気力がなく 家事を放棄しそうになりました 笑 いつも僕が先に仕事が終わるので、 ・買い物 ・洗濯 …

英語の第1〜5文型

英語の基本ですが、正直文型にこだわる必要はないと思います。 ただ、型を知ってると、当てはめれて、文の意味がわかるよってだけですよね。 自分は、特に意識して普段英語を話してるわけではないので、、、 実際 …

オーストラリアのお正月

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです みなさま、明けましておめでとうございます 今年もみなさまがハッピーで素敵な1年になりますように オーストラリアの12月31日と1月1日の過ごし方を …

The Beach Shack Cafe

オーストラリア、ゴールドコーストのカルンビンビーチの向かいにあるカフェ兼バーガがいただけるお店に行って来ました