オーストラリア ワーキングホリデー 体験談

ブリスベンで必須Go Card

投稿日:

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです

今回は、オーストラリアのパスモ、スイカ的存在

Go Card

についてシェアします

これから、オーストラリアのクイーンズランドに来る方には必須のカードです

クイーンズランドは、サンシャインコースト、ブリスベン、ゴールドコースト

ただし、例外があり、ケアンズ、マッケイ、トゥウンバ、タウンズビルは使えません

※Go card translink参照



もくじ

1.何に使えるの?どこで買えるの?
2.使い方は?
3.タップするの忘れちゃったら?
4.最後に

1.何に使えるの?どこで買えるの?

電車、トラム、バス、フェリーです

ブリスベンには、トラムは走っていません

ゴールドコーストは、トラムがあります

どこで、カードを買うのかと言いますと、セブンイレブンや、コンビニ、電車の駅、オンラインなどです

カードのお値段は10ドルですが、

学生や子供さん、シニアは5ドルになります



2.使い方は?

電車、バスなど乗る時と、降りるときにタッチする機械にカードをかざすだけです

ただし、お金がチャージされていない場合、

電車やバス上でチャージをすることができません

どこでするのかと言いますと

各駅にチャージする機械がついていますので、そちらでチャージします

ブリスベン市内のバスでない場合は、バスの中でチャージ可能です

フェリー(city cat)でもチャージできます

また道路沿いのバス停には、チャージする機械がないので注意です

もしくは、セブンイレブン、オンラインなどでチャージすることも可能です


行きは乗れて、降りるときにお金が足りなかった場合

ゴーカードの残高がマイナスにはなりますが、下車することができます

次チャージしたときにそのマイナス額分は、引かれます

また、ゴーカードを使うのに利点がありまして

普通にチケットを買ってバスや電車に乗るより、

30%ほどお安く利用することができます

紙のチケットの場合、一度購入すると2時間は、そのチケットで、

バス、電車、フェリー、トラム乗り放題になります

もちろん、ゾーンを超えてしまった場合は乗れません

※各ゾーンがありまして、ゾーンごとに値段が変わります

遠くに行けば行くほどお金はかかります



3.タップするの忘れちゃったら?

降りるときにタップするのを忘れてしまった場合

自動的に電車の場合10ドル引かれます

自動的にバスの場合5ドル引かれます

もし自分のうっかりでやってしまった場合、オンライン上でレポートするか

電話をすれば返金してもらえます

ちなみに、ゴーカードをトランスリンクのサイトで登録しておくと、

自分のどこからどこまで乗ったのかという履歴が全てみれますので

登録しておくことをお勧めします



4.最後に

Go cardを1枚持ってるだけで、とても便利に移動することができます

バスで、現金払いをすると、たまに小銭がないから乗れない場合や、

バス代とピッタシの額を持ってないと乗れないこともあったりしますので

このカードが一枚あるだけでだいぶ助かります

ということで、最後まで読んでくさりありがとうございます

また色々とシェアさせていただきます

-オーストラリア, ワーキングホリデー, 体験談
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オーストラリアに持って来るべきだったと思ったもの

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです オーストラリア3年目に突入 日本からこれを持って来るべきだったぁ と僕の体験から思ったものをシェアします 1.必要だったものは? 2.日本のものは …

愛してるよと言われるまでの期間

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです 今回は、みなさんが気になる『愛してる』と言う言葉 いつ言ってくれるのだろうとそわそわしてる方 どんなタイミングで言ってくれるのだろう? なんでまだ …

現実と理想の違い(カナダ)

今回は、日本で英語を一年間独学で勉強して、実際にカナダにワーホリに行ってどう感じたかをお話ししたいと思います。 これからワーホリや留学に行く方の参考になればなと思います。 あくまで、僕個人の体験談なの …

オーストラリアのお正月

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです みなさま、明けましておめでとうございます 今年もみなさまがハッピーで素敵な1年になりますように オーストラリアの12月31日と1月1日の過ごし方を …

クマさんのカフェ

今回もオーストラリア、ブリスベンからお届けします 今回訪れたカフェは、入り口にドンっと立っているクマさんがいるカフェです カフェの名前は