オーストラリア ワーキングホリデー 体験談 国際恋愛

オージーの彼と同棲し始めて思ったこと

投稿日:2019年11月14日 更新日:

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです

今回は、オージーの彼と同棲し始めて、どのような感じなのか、文化、共有、食事、娯楽など

シェアします

もくじ

1.同棲し始めの様子
2.お互いのルール
3.妥協できないこと
4.今はどんな感じ?
5.最後に

1.同棲し始めの様子

同棲し始めたのは、1年ちょっと前です

最初の頃は、お互いのことは、まだよく知らなかったこともあり

ケンカがちょこちょこありました

食費に対してのこと

誰がご飯を作るのか

何時に寝るのか

シャワーは夜浴びるのか、朝浴びるのか

洗濯はどうするのか

などなど、基本的に家事のことでした

やはり、同じ国の2人が一緒に住むのでさえ難しいのに、お互いが違う国籍同士が一緒に住むと、

やはり、もっとコミュニケーションが必要になってくるかと

僕は感じました

例えば、ご飯を僕が作ったとして

食べ終わったら手で洗い物をしてくれるのかと思いきや食洗機に入れる

もしくは放置

洗濯をしたと思ったら、乾燥機に入れて、たたむのは放置

だったり

僕がきっちりしすぎなのでしょうか?

シャワーは僕は、夜入る派

彼は朝入る派

絶対一緒に寝たくないと僕が発狂しました 笑

そしたら夜にシャワーを浴びてくれるようになりました

彼に感謝です 笑

そしてご飯代です

僕のお金で最初は買い物をして料理を毎日作ってたのですが、さすがに

その当時仕事をしてなかった僕なので厳しく、

彼に半分はサポートして欲しいとお願いしたり

もちろん、僕が働き出した場合も、彼にもう少しサポートしてもらうようにお願いして変わりました

なぜなら、彼は、僕の給料の2倍以上もらってたので、話し合ってそう決めることにしました

他にも細かいことは色々あるのですがそこは省略します

そして、やはり好きな人と一緒に住むのはいいなぁと感じました



2.お互いのルール

これはやはり、オーストラリアと日本なのでほとんど違いました

というよりかは、僕のルールと彼のルールがあるのだと思います

朝シャワーするのか、夜シャワーするのか

靴で部屋に入る

リュックに靴を直で入れる

食べ物を食べた手は洋服でふく

洗濯物は、洗ったら、しわを伸ばさずポンと置いて乾かす

準備は後回し、やりたいことを先にやる

裸足で靴で踏んだ部屋を歩き回る

お皿を洗うときは、シンクにお湯と洗剤を入れてため、

お皿をくぐらせて、手で軽くバシャバシャして、乾燥ラックに置いて終了

などなど数えたらきりがないです


ということで、色々と彼と僕はぶつかり合ったわけなのですが、少しづつ訂正していきました

今はもうほぼ全部が日本式ルールになってます



3.妥協できないこと

これは本当に、僕が我慢できなかったので家のルールといいますでしょうか

僕のルール

詳しく言えば、日本と僕のルールにほぼ全部なっています

例えば、洗濯をしたら、パタパタ少しシワを伸ばしてから、干す

部屋の中は、土足禁止

お皿は、スポンジに洗剤をつけて洗った後、しっかりとお水もしくはお湯でゆすぐこと

シャワーは、夜入ること

などなどです

日本のルール?だと思うのですがどうでしょうか?

ということで、ほぼ全てのことをうちんちは日本式にしました

僕が耐えられなかったので 笑



4.今はどんな感じ?

今はほぼ全てが日本式、僕のルールになっております

なので、家のことで喧嘩することもほとんどなく

楽しく毎日を過ごしています

一緒に住み出した最初の頃は、びっくりすることが日常茶飯事でしたが、

もう今は、そんなことはほとんどなく

もしかしたらまだ知らないこともまだあるかとは

思いますが、今のところ大丈夫です

そして、やはり一緒に住むということは最初は大変ですが、

いつも好きな人と一緒に居られるということは

とても嬉しいことですね



5.最後に

やはり、人と共同生活をするということは、お互いのコミュニケーションがとても大切なことを学びました

僕がこれで良いと思っていても、彼からの視点では不快な場合もあるので

いつもしっかりとお話をすることが大切だなと思っております

そして、これは嫌だったと思ったこともしっかりと伝えるようにしています

言わないと、また次も同じことをして、お互いに不快な思いをしてしまうので、

しっかりとコミュニケーションをとるようにしております

そして、やはり好きな人と一緒に同じ屋根の下に住むことができるということは、

とても幸せなことですね

何か悲しいことが会った日は、一緒に話を聞いてもらって元気付けてもらい

楽しいときは一緒に共有し

いつも二人で乗り越えていける

それってとても素敵で素晴らしいこと、幸せことだなと思いました

ということで、最後まで読んで下さりありがとうございます

これからも色々とシェアしていきます

-オーストラリア, ワーキングホリデー, 体験談, 国際恋愛
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウエストエンドのまったりカフェ

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです 今回は、オーストラリアのブリスベンシティー、ウエストエンドにあるカフェに 行ってきたのでシェアします

こぢんまりしたカフェ

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです 今回は、ブリスベンシティーからはなれた、アナリーという場所にある こぢんまりしたカフェをシェアします どこのカフェに行こうか探してる方がいましたら …

素敵な一日をスタートさせたいなら

新しいカフェを発掘してきました 今回行ってきたカフェは、オーストラリア、ブリスベンのウエストエンドにあるカフェです こちらのカフェは、モダンな感じで、お店に入ると、人がガヤガヤといい感じに賑わっていま …

ホームシック解決法

海外に出ると、日本の悪いところ、良いところがわかったり、色々な視点から見れるようになれますが、でもやっぱり、ずーっと育ってきた国から出ると、 やはり ホームシック になりますよね。 もくじ 1.ホーム …

どうやって単語力、フレーズ力を伸ばすのか

これは、カナダでワーホリをしていた時に、実際に僕がやっていた方法です。 もくじ 1.どうやって単語力を伸ばすのか 1−1.ノートを作る 1−2.単語帳から覚える 1−3.海外ドラマから覚える まとめ  …