国際恋愛

【国際恋愛】パートナーの呼び方。愛称で呼ばれたら特別な存在

投稿日:2020年12月13日 更新日:



海外ドラマや映画で一度は聞いたことがあるでしょう。「ハニー」、「ダーリン」、「スウィーティー」など。他にも色々と呼び方があり、初めて言われてしまうとビックリしてしまうこともあるでしょう。例えば、「モンキー」、「ベー」、「ブー」など知らないと「は?」ってなりますよね。

今回は、僕の体験談を混ぜつつペットネームという愛称について解説していきます。




【読者の悩み】


・スウィーティーって呼ばれたんだけどなんなの?

・名前で呼ばないの?

・変な呼び方されたんだけど




【記事の内容】


・パートナーがあなたを呼ぶ呼び方とは

・いつ使うのか




オーストラリアでワーホリ中に出会った彼、ディーンと同棲中の@しょーたです。








過去に5人の方とお付き合いをしてきた

・日本人1人

・マレーシア人1人

・アメリカ人3人

・オーストラリア人1人←イマココ

オーストラリア人の彼と一緒にいるのは2年と7ヶ月の僕が、分かりやすく解説します。


スポンサーリンク



パートナーから呼ばれる愛称とはなんなのか




愛称は、愛しい人につけるあだ名のようなものと言えば良いでしょうか。

基本的には子供と恋人に使います。




好きな愛称をつけてもオッケー



恋人同士のあだ名なので、どんな愛称をつけても良いんです。

2人だけのあだ名ですからね。みんなが呼ばない呼び方で特別感を出したい方もいますよね。





・honey

・darling

・sweetie

・sweetheart

・babe

・bae

・boo

・love

・sugar

・cutie pie

・angel




上記のが定番な呼び名です。





過去に僕が呼ばれていたのは、babe, love, booでした。今の彼からは、angelや、my boyと呼ばれています。




ちなみに僕は彼を、my boyやchickenやyakisoba(髪の毛が天パーなので)なんて呼んでます。

なので、自由におたがいのあだ名をつけていいんです。




愛称はいつ使うのか



名前の代わりの呼び方なので、好きな時に使います。親しみと特別感を込めて使うのです。





あなた「Hi darling」

パートナー「Hi sweetie」




こんな感じで使えます。





ですが、過去の彼氏Mくんと付き合ってた時は、喧嘩中と喧嘩後は愛称で呼ばれなくなってました(笑) あからさまに「喧嘩中はしょーたのこと好きじゃないもん」なんてものが見え見えでした(笑)
今の彼は、喧嘩してもそのあとも気にせず愛称で呼んでくれます。




なので、人によっては呼びたくない時は使わないですし、呼びたい場面では使うようです。




愛称なんて使わないカップルもいるの?と思う方もいるかもしれません。




アメリカ人の元彼Mくんから聞いた話ですが、もちろん、使わない人もいるそうです。なので、人によるということですね。あとは愛称にも流行りの呼び方があるそうです。


スポンサーリンク



付き合ってどれくらいから愛称で呼びあうのか



基本的には、真剣なおつきあいが始まってすぐです。デーティング中は基本的には言わないですね。




やっぱり、特別感というものを感じたいのかと思われます。





過去の恋愛を思い出すと、やはり僕はカップルになってすぐに愛称で呼ばれ始めていました。逆に僕は愛称で呼ぶかと言えばそんなに。むしろmy boyという方が多いです。




愛称で呼んであげないと拗ねちゃうんじゃないか?って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、別にそういうわけでもないです。




なので好きなタイミングで愛称を使ってあげればいいですし、逆に使いたくないならそれも彼に伝えておけば問題ないことでしょう。




愛称で呼ばなくなる時はいつ



それは別れた後ですね。愛称はおつきあい中だけに使う特別感のあるニックネームなのです。

なので、別れてしまうと基本的には、名前で呼ばれるようにあります。





よく洋楽の歌詞にもありますよね。

I’m not your babe.など。




まとめ



日本では、苗字で呼ばれるよりも、下の名前で呼ばれることの方が特別感を感じますよね。きっと愛称で呼ぶのはそんな感覚なんだと思われます。

それにあなたのことが好きでお付き合いをしている証拠であるので、最初は照れるかもしれませんが堂々としていましょう。あなたは特別な存在です。




呼ばれ慣れちゃうと案外居心地が良いですよ(笑)

それにふざけあって変な愛称で呼ぶのもありですので楽しめるかと思います。うちでは、ふざけあってピーとかプーとかいうこともあります。お下品ですね(笑)




-国際恋愛
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恋愛|パートナーとの温度差を調整する方法3つとやってはいけない事

最初は良い感じのスタートを切ったのに、気づいたらお互いに温度差が生まれ始めた。もっと連絡を取りたい側とちょっと放って置かれたい側。あまりにも温度差ができてしまうと別れてしまうことも。温度差を埋めるには …

恋愛での彼への執着/依存を解消する方法【誰でもできる】

彼氏ができると大好きだからこそ依存し、執着してしまって、好きになりすぎて嫉妬して、喧嘩し、束縛してってなりますよね。いくら執着や嫉妬を解消しようとしてもできないし喧嘩になってというループにはまったこと …

国際恋愛の失恋を高速に解消する方法【簡単】

国際恋愛の失恋ってショックですよね。これからどうしていいのかわからない。もしかしたらこれから誰にも出会えないのではないかそんなことふと思いますよね。 僕も今までに5人の人とお別れをしてきました。 でも …

恋愛で信頼関係を作るのに必要なこと8選【わかりやすく説明】

恋人同士の信頼関係って2人で色々な問題を乗り越えていくのにとても大切ですよね。でも、信頼関係っていったいどうやったら築けるのでしょうか。今回は、強い絆が2人の間で結ばれる方法をご紹介します。 【読者の …

オーストラリア人はどんな人たち?

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです 今回は、僕がオーストラリアでワーホリをして知ったオーストラリア人 そして、僕の彼(オーストラリア人)を見て感じたオーストラリア人 の情報を混ぜなが …

自己紹介


Shota

英語、雲、海、パワーストーンが大好き。日本→カナダ→日本→オーストラリア→オージーの彼に出会い、オーストラリアでのんびり彼と暮らしてます。
オーストラリア、ゲイの恋愛、国際恋愛、カフェなど綴ります。

YouTube
Shota and Dean

パワーストーンブレスレット販売中
Nijiiro Dragon