オージーの彼との日常

ニュージーランドとオーストラリアのハーフの彼ディーンとお付き合いをして3年の僕ショータが、オーストラリア、国際恋愛、同性愛について発信しています。

国際恋愛

恋愛|パートナーとの温度差を調整する方法3つとやってはいけない事

投稿日:2020年9月14日 更新日:





最初は良い感じのスタートだったのに、気づいたらお互いに温度差が生まれて、2人の関係のバランスが崩れてしまうことありますよね。






僕もありました。

付き合い始めは、パートナーに対して興味があまりなかったのに、途中から猛烈に好きになってパートナーが引いてしまうということ。




ですが、今では上手に温度差のバランスを取る方法を見つけました。

今回は、どうやって恋愛の温度差をバランスよく保てるのかについてシェアしていきます。

この記事を読めば、あなたもどうやって2人の関係をバランスよく保てるようになるのかがわかります。




【読者の悩み】


・恋愛の温度差をなくしたい




こんにちは@しょーたです。オーストラリアでワーホリ中に出会った彼、ディーンと同棲中です。








過去に5人の方とお付き合いをしてきた

・日本人1人

・マレーシア人1人

・アメリカ人3人

・オーストラリア人1人←イマココ

オーストラリアの彼と一緒にいるのは2年と 10ヶ月の僕が、分かりやすく解説します。


スポンサーリンク



温度差を調整する方法3つ




どのカップルにも温度差って生まれるものです。

自然なことなので焦らなくても大丈夫ですよ。




しつこくしない



パートナーがそっけない時ってありますよね。

ちょっと放っておきましょう。




きっとパートナーは一人の時間が欲しい時なんです。





・何かしたかな?

・変なこと言ったかな?




じっとしてると、上記のようなこと考えてしまいますよね。





ですが放っておきましょう。




そんなことしたらもっと温度差がひらいてしまうのではと、心配になる人もいるでしょう。

ですが、人ってみんなそれぞれ自分のペースというものがあります。




僕が初めて恋愛した時、最初は彼の方が僕のことを好きでした。

ですが、時が経つにつれ、僕の方が彼を好きになってしまい、彼との温度差がすごくできました。





・「なんで前みたいに頻繁に会ってくれないの?」

・「電話しようよ」

・「声が聞きたいよ」

・「自分何かした?」




などなど彼に色々聞きましたが返事は「別にしてないよ」と。

結局お別れしました。




あの時、少し放っておいてあげられたら結果はまた違ったことでょう。

なので、しつこくし過ぎは別れにつながる場合があります。




自分軸を持つ



自分を軸にしてパートナーを大切にしましょう。

なぜなら、バランスを保って恋愛ができるようになるからです。





・自分の気持ちを優先する

・自分をハッピーで満たした後にパートナーのことをハッピーにする




上記に2つ例をあげました。





自分が満たされていないと人を満たしてあげることはできないんです。




とは言っても、パートナーを幸せにしてあげたいと思う人もいるでしょう。

ですが、まずは自分が満たされていないと、どこかで他人に見返りを求めていたり、期待をしてしまうものなんです。




なので、まずはしっかり自分軸を持ち、自分を自分で幸せいっぱいにしてあげる必要があるわけです。

>>自分軸で恋愛するとハッピーでいられる理由7選【わかりやすく解説】




冷たいくらいがちょうど良い




パートナーから来て欲しいならそっけない方が良いです。

なぜなら、こちらから押すとパートナーは引きます。





・積極的になると相手は引く




それが自然なアクションです。





なので、愛されたいなら一歩下がるのが良いです。




昔の僕は、こちらからグイグイいけば相手もグイグイ来てくれると思っていましたからね。

「なんでこんなにも愛を伝えてるのに引いていかれるの?」と思ってました。




なので、愛されたいなら冷たいくらいがちょうど良いのです。

そうすればパートナーから押してきますから2人の関係のバランスも取りやすくなります。




✔︎ そんなこと言っても冷たくできないよ




今の人と長く付き合っていきたいのであれば、うまくバランスを取る必要があります。

なぜなら人ってずーっとグイグイ来られると「いい加減にして」となるものなのです。




なので、ちょっとかまってみたり、ちょっと放ってみたりバランスよくやっていくのが関係がうまくいきます。


スポンサーリンク



温度差が生まれたらやってはいけないこと3つ



温度差(距離感)を上手に乗り越えられないとお別れになることも。




パートナーを責める(質問攻め)




パートナーの態度が冷たいと、色々聞きたくなります。

なぜなら不安を感じてしまうからです。





・なんで連絡してくれないの?

・なんですぐに返事くれないの?

・なんでもっと会ってくれないの?

・なんで電話くれないの?

・最近態度冷たくない?

・自分なんかした?

・僕/私のこと好き?




上記に聞きたくなることの例をあげてみました。

当てはまる人もそうでない人もいることでしょう。





実は冷たくしてる本人はそこまで意識してないことが多いです。




僕は元彼に「なんでもっと連絡してくれないの?」とよく言っていたことがあります。

決まって言われる返事が、「ごめーん」、「仕事忙しくて」、「次からするね」といった返答でした。




あるとき、僕が聞きすぎたせいもあり、元彼から一言言われました。

「しょーたは僕を信用してくれていないんだね。」と。




それを聞いたときはショックでしたね。




なので、何度も何度も同じことを聞いていると信用を失ってしまいます。




束縛する



束縛はやめましょう。

なぜならパートナーを押さえつけてしまうからです。





・連絡ないと寂しいから連絡してね

・〇〇さんと遊びに行くと嫉妬するからやめて

・〇〇さんと連絡取るのやめて

・男性/女性の友達は削除して

・もっと電話したいなぁ

・もっと頻繁に会いたいなぁ

・仕事から家に着いたら絶対連絡してね



上記に軽い束縛から重いものまで上げてみました。

一度は言ってしまったフレーズがあるのではないでしょうか。





こういった言葉を温度差がある時に言ってしまうと余計に距離があいてしまう原因になります。




連絡を取りたくないって時に、「もっと連絡してよ!」と言われても誰でも乗る気にはなれないものですよね。

僕はそれをやり過ぎてしまって、距離をあけられたことがあります。




なので、束縛はしないで2人のルールを決めると関係が良くなりますよ。

>>嫉妬心が強すぎた僕がやった国際恋愛の嫉妬と向き合う方法

>>恋愛で嫉妬するのを抑える方法3つ【気づいて欲しい】




「本当に私のこと好きなの?」と聞く



何度も何度も聞くのはやめましょう。

なぜなら、僕/私のことを信じてくれていないんだねと思われるからです。





何度も同じことを聞かれるのって信用を感じられないですよね。




元彼といた時、ふと不安になると「本当に僕のこと好きなの?」と聞いていました。

聞いたところで、その場は安心するんですが、また少し日が経つと不安になってくるんですよね。

で、また聞いてしまうという。

最終的に「僕のこと信用してないんだね。」と言われました。




なので、必要以上に聞くことはやめましょう。

何度も「好きだよ。」と言われたいのはわかりますが。


スポンサーリンク



温度差が生まれる原因4つ




温度差は素を出した証。

心配無用。




付き合う前の気持ちの違い



気づいていないだけで、温度差は付き合う前からあります。

なぜなら、両思いで付き合うと言うことは稀ですから。

どちらかが好きな気持ちが強いものです。





・両思いのカップル

・片方が好きな気持ちが強いカップル




上記の通り。





なので、最初から温度差はあるものです。




恋愛に対して重い、もしくはそっけなくなった



付き合ってみたら思っていたのと違ったりします。

なぜなら、付き合い始めた後では、見たことのない一面が次々に見え始めるからです。





・付き合ってすぐに「愛してるよ」と言われた

・付き合った途端、アプローチがなくなった




上記に2つ例をあげました。




心当たりありましたか?





なので、お互いの行動により、温度差が生まれます。




昔の僕は、お付き合いが始まると恋愛にのめり込み過ぎて重くなり、パートナーをひかせちゃっていました。




依存し過ぎはパートナーへの負担




依存はほどほどにしましょう。

なぜなら重荷に変わるからです。





・24時間一緒にいないと不安になる

・24時間メールのやり取りをしないと不安になる

・1日に2回は電話をしないと不安になる




あなたは上記の人とお付き合いできるでしょうか?

もうちょっとプライベートの時間ないと厳しいわと思う人もいるでしょう。




以前の僕が上記のような人でした。

彼のことが好き過ぎて、他のことが何も手につかないと言う。

そのおかげでどんどん彼からは冷たくされて距離を置かれました。





なので、依存しすぎるとパートナーに負担をかけてしまいます。




価値観や生活リズムの違い




人一人みんな生活ルールや価値観は違うものです。

なぜなら、育ってきた環境が違うからです。





・日本で育った人

・オーストラリアで育った人




上記の例を見て、同じ性格の人が育つと思いますか。

そうではなさそうですよね。





なので同じ日本で育ったとしても、家庭環境の違いで価値観や考え方、生活リズムは異なるものです。




なので、物事の対応の仕方が異なるため温度差も感じてしまうわけです。




まとめ





・2人の温度差を調整するにはしつこくしない

・自分軸を持つ

・ちょっと冷たく対応

・温度差が生まれたら質問し過ぎない

・束縛しない

・私のこと好きなの?と聞かない

・温度差が生まれる原因は、付き合う前の気持ちの違い

・依存し過ぎ

・生まれ育った環境の違い




上記にまとめました。

いかがだったでしょうか。




2人の関係に温度差が生まれたりするのは、色々な要因があることに気がつけたことでしょう。

温度差はどうしても生まれてしまうものなので、その都度うまくやっていくしかないです。




なのでしつこくしない、私のこと好きなの?と何回も聞かない、束縛しないという3つのことをふまえた上、パートナーとお付き合いしていってみてください。

きっと上手くいくことでしょう。

>>恋愛で嫉妬するのを抑える方法3つ【気づいて欲しい】

>>自分軸で恋愛するとハッピーでいられる理由7選【わかりやすく解説】




-国際恋愛
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

国際恋愛で価値観の違いを解決したいあなたに呼んで欲しい!必要な3つのポイント【簡単】

国際恋愛をすると色々な価値観の違いに気づきますよね。そして、価値観の違いによってもうだめだ、別れるしかないのかもなんて思ったりしていませんか? 僕もかつて同じことを思っていました。 価値観の違いを一緒 …

恋愛|回避型なパートナーと上手に付き合って行く方法3つ

付き合ってる彼が回避型な気がする。どうやったら距離を上手に縮められるのだろうか。距離を縮めようとするとすぐ離れてっちゃうし、何か簡単で良い方法があれば知りたい。 【記事の内容】 ・回避型の症状 ・回避 …

【国際恋愛】なんで愛称を使うの?あなたは特別な存在

海外ドラマや映画で一度は聞いたことがあるでしょう。「ハニー」、「ダーリン」、「スウィーティー」など。他にも色々と呼び方があり、初めて言われてしまうとビックリしてしまうこともあるでしょう。例えば、「モン …

国際恋愛の問題を乗り越えるのは難しい。でも乗り越えられるのが事実【なんとかなる】

国際恋愛って実際大変なんですか。どんな問題がありますか。これから国際恋愛したいなって思ってるんです。 それよくわかります。 僕も国際恋愛する前に同じこと思ってました。 日本人以外の人とお付き合いすると …

【国際恋愛】好きだったけど別れを選んだ理由3つと改善しようとしてもできなかったこと2つ

国際恋愛をしていると「もしかして別れるかも」と頭によぎることありますよね。別れる場合って必ず理由があります。パートナーのこの部分は付き合っててすごくいいんだけど、この部分は本当に許せない。 僕も実際に …

自己紹介


Shota
英語、雲、海、パワーストーン、引き寄せの法則が大好き。日本→カナダ→日本→オーストラリア→オージーの彼に出会い事実婚。
オーストラリアでのんびり彼と暮らしています。
オーストラリア、国際恋愛、スピリチュアルなど綴ります。

YouTube
Shota and Dean

パワーストーンブレスレット販売中
Nijiiro Dragon