国際恋愛

恋愛|パートナーとの温度差を調整する方法3つとやってはいけない事

投稿日:2020年9月14日 更新日:



最初は良い感じのスタートを切ったのに、気づいたらお互いに温度差が生まれ始めた。もっと連絡を取りたい側とちょっと放って置かれたい側。あまりにも温度差ができてしまうと別れてしまうことも。温度差を埋めるにはどうすべきなのかをシェアします。



【記事の内容】

・温度差を調整する方法3つ
・温度差が生まれた時にしてはいけない事3つ
・温度差が生まれる原因4つ


こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです。


過去に5人の方とお付き合いをしてきた

・日本人1人

・マレーシア人1人

・アメリカ人3人

・オーストラリア人1人←イマココ

オーストラリアの彼と一緒にいるのは2年と5ヶ月の僕が、分かりやすく解説します。


スポンサーリンク



温度差を調整する方法3つ



どのカップルにも温度差って生まれるものです。

自然なことなので焦らなくても大丈夫ですよ。




しつこくしない(無駄に関わらない)



何か自分がしてしまったのか疑問に思うこともあるでしょう。

ですが放っておきましょう。




人ってみんなそれぞれ自分のペースというものがあります。

恋愛したては、盛り上がって常に一緒にいたいという気持ちが強くなるのは普通なこと。




僕が一番最初に付き合ってた彼とのことですが、最初は彼の方が僕のことを好きでしたが、時が経つにつれ僕の方が彼を好きになってしまい、彼との温度差をすごく感じました。

『なんで前みたいに頻繁に会ってくれないの?』

『電話しようよ』

『声が聞きたいよ』

『自分何かした?』

などなど彼に色々聞きまくってしまい結局お別れしました。

僕が彼に依存しすぎたんだと思います。




あの時色々聞きまくってなければもう少し長くお付き合いできたでしょう。




なので、温度差が出てきたということは決して悪いことではないのです。

あなたに心を許し始めたということです。




パートナーに依存してることに気づく



ちょっと反応が冷たくなったなぁ。

前はこうだったのになぁ。

と比べてしまうのはわかります。ですが、あなたは今この時間を生きているわけです。

前に進むしかないのです。




温度差を感じれるということは、パートナーの素が出てきたということです。

これが本性か。と観察しましょう。




今の彼(6人目の彼)に出会ってやっと僕は温度差の克服の仕方を見つけました。

それは、自分に集中すること。自分軸を持つことです。




パートナーの温度差を感じ取れるということは、あなたはパートナーに集中してしまっているわけなんです。相手軸になっているということ。

そして考えもしなくていい不安を考え妄想するわけです。

自分しか見ていなければそんなことは気づかないでいれることでしょう。




なので、温度差を感じたら、ちょっと相手に依存しちゃってるかもなということに気づいてください。

そして、自分で自分軸に戻すようにしてください。

そうすればちょっとしたことで傷ついたり、不安になったりすることは起きなくなります。




ちょうど良い距離を取る



自分の時間を1番に持ってきましょう。




付かず離れずの関係が一番うまくいきます。

今まで、パートナーにべったりし過ぎてたなと気づくことはありませんでしょうか?




僕は結構粘着質な恋愛を過去にしてきました。

いつも自分がパートナーに会いた過ぎて会いに行ってしまうという。

プッシュし過ぎてお別れというパターンでした。

パートナーは、パートナーの時間が欲しかったのに自分が奪ってたんです。




ですが、今のパートナーは自分よりもベタベタすることが好きでした。僕は今回は失敗したくないと思い、彼にタイミングを合わせてみることにしたらうまく行ったんです。

ということでバランスが大切なことを学びました。




もしあなたに思い当たることがあるなら時間を自分のために使って、毎日を楽しみましょう。

勉強したり、友達と遊びに行ったり、家族と過ごしたり、ゲームをしたり。

今までパートナーに使ってた全ての時間を自分に使う気で思いっきり楽しむのです。




もちろん、パートナーから会いたいと言われたら会ってあげればいいんです。

ちょうど良いバランスが鍵です。




温度差が生まれたらやってはいけないこと3つ



温度差を上手に乗り越えられないとお別れになることも。




パートナーを責める(質問攻め)



聞きたくなることリスト

・なんで連絡してくれないの?
・なんですぐに返事くれないの?
・なんでもっと会ってくれないの?
・なんで電話くれないの?
・最近態度冷たくない?
・自分なんかした?
・僕のこと好き?



実は本人はそこまで意識してないことが多いです。




僕はよく元彼に『なんでもっと連絡してくれないの?』と言ってたことがあります。

決まって言われる返事が、『ごめーん』、『仕事忙しくて』、『次からするね』といった返答。




結局連絡頻度は変わりませんでしたが。




やはり、自然な距離感が大切ということに気づかされました。

無理やり連絡させるんじゃなくって、連絡したい時にしてもらうということです。

人は、人に強制されたりすることを嫌いますからね。




束縛する



束縛するリスト

・連絡ないと寂しいから連絡してね
・〇〇さんと遊びに行くと嫉妬するからやめて
・〇〇さんと連絡取るのやめて
・もっと電話したいなぁ
・もっと頻繁に会いたいなぁ
・仕事から家に着いたら絶対連絡してね


こういった言葉を温度差がある時に言ってしまうと余計に距離があいてしまいます。

連絡頻度が減って、温度差が生まれたなと感じることはわかりますが、『寂しいからもっと連絡して』というと余計に連絡したくなくなってしまいます。

それに毎日話すこともないでしょうしね。




僕が温度差を感じた時によくやっていたことが先ほどのリストです。

何度も何度もパートナーに言えばいうほど距離があいていきました。それに本人は冷たくしてる気はないし、愛してるよとも言われたことがあります。




結局それが彼の本当のペースだったというわけです。

温度差を感じたらほっとくのが一番です。




本当に私のこと好きなの?と聞く



不安になると聞きたくなるものですよね。

でも、しつこく聞いてはいけません。




1回聞くくらいならいいですが、何度も何度も聞かれると聞かれた側は『信用されてないんだね』って思うわけです。




元彼といた時、何か不安になると『本当に僕のこと好きなの?』と聞いていました。

聞いたところで、その場は安心するんですが、また少し日が経つと不安になってくるんですよね。

で、また聞いてしまうという。

僕は元彼から『なんでそんなに聞くの?僕のこと信用してないんでしょ?』と言われたことがあります。




なので、あんまりにも聞くと信用されてないんだ。ならもういいです。

となることもあるので注意です。




温度差が生まれる原因4つ



温度差は素を出した証。心配無用。




付き合う前の気持ちの違い



付き合う前にお互い気持ちの差が生まれますよね。

ある人は、ものすっごく大好きで付き合いたくてたまらないという人と。

まぁ付き合ってみてもいっかなぁーくらいの人。




温度差が生まれるのは明らかですよね。

最初の意気込みが違いますからね。




僕が初めて付き合った彼は、このパターンでした。

僕は、そこまで付き合う気は無かったけど、付き合うことになったからまぁとりあえず付き合ってみるかぁーと。

最初、彼の押しは強かったけど、途中で逆転しました。




うまくバランスを取れていれば長続きしたかもしれませんね。




恋愛に対して重い



付き合えたことに満足し、そのあとはアプローチなしだったり、あなたのことが好き過ぎて重過ぎたり。かなり依存する人だったり。

そんなことありますよね。




付き合ってすぐに、愛してるよと言われたり、結婚しようと言われたり。




僕は、逆にものすごくパートナーに依存するタイプでした。

依存することによって距離を置かれたり、『将来ずっと一緒にいたいね』と伝えたら重すぎると言われたり。




結局何に対してもバランスが大切なわけです。




依存し過ぎはパートナーへの負担



パートナーに依存しすぎるとどうしても負担がかかってしまいます。

どこに行くのも常に一緒。何をするにもいつも一緒。プライベートな時間はなし。

そうなるとやはり息苦しくなるもの。




『ちょっと放っておいて』と距離を置きたくなることも。




もちろんお互いが同じレベルの依存度だったり、支え合えるくらいの関係であれば問題ないです。




今の彼と出会った最初の頃は、彼が彼の友達に会いに行くとなると自分も強制で連れて行かれ、自分の友達と会うときもついてくるという。




一緒に来てくれることは嬉しかったですが、僕が話す言語は日本語。彼が話す言語は英語。僕の友達といると、全部日本語で話したい気持ちはあるけど、英語を話さないと彼を一緒の輪に入れることができないわけで気を使いました。




彼の友達と会うときも英語がネイティブの人たちの中に自分一人参加するわけですから、わからないことだらけで楽しいというよりはストレスになってることも。




なので、依存するなら程々がいいですね。あまりにもひどいと距離を置きたくなっちゃいますよね。




価値観や生活リズムの違い



あなたにはあなたのルール。

パートナーにはパートナーのルールがありますよね。

それをうまく理解し合えないと温度差が生まれてしまうこともあるわけです。




いつも自分が正しいということではダメで、パートナーの意見も正しいということを認めてあげることが大切です。




とは言っても、僕は家事のやり方が自分なりにあって、洗濯はこういった感じで干して、必ず朝に洗濯したい。料理は何時に始めて何時までには食べたいと自分の中で決まりがあるわけなのですが、今の彼は特にルールがないからこそ、お互いぶつかり合わないでいられるわけなんですね。




お互いが譲り合えない関係であったら、長続きはしないことでしょう。

温度差が生まれる前に、やっぱもう無理となってしまうことも。




こちらもどうぞ↓

恋愛|うまくいかない時に気づくべきこと3つの理由【簡単に直せる】

恋愛|重い行動5つとやめる方法3つ。重さの基準って人によって違う

-国際恋愛
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

国際恋愛で気をつけること5選|全ての恋愛についても言えること

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです。 国際恋愛は特に気をつけなければいけないことがあります。 それはこちら ・常識の違いを理解 ・察するは不可能 ・自分が正しいと思わない ・答えは2 …

パートナーが英語圏の人だと英語力伸びるの?

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです 今回は、僕の周りでよく聞く話があって、 英語を学びたいなら英語圏の恋人を作るのが一番だ そして、付き合いたては、英語の添削をしてくれていたのに、長 …

起きた物事に良い、悪い感情をつけるのはあなた次第

こんにちは オージーの彼と同棲している@しょーたです 気づいていましたでしょうか? 物事が起きたことに対して、 良い 悪い と決めているのはあなたの心だということを もくじ1 もくじ2 1.どういうこ …

恋愛|嫉妬する人しない人は何が違うのか

なんで人を好きになると嫉妬してしまうの?もちろん、嫉妬しない人もいるんだけど、何が違うの? 【記事の内容】 ・嫉妬する理由 ・嫉妬しないようにするにはどうするのか ・嫉妬は悪いことではない こんにちは …

恋愛すると不安になってしまう|シングルの時は自分らしく輝けるのになぜ

シングルの時は、自分の好きなことをしてとってもハッピーなのに、誰かとお付き合いが始まると自分のことはそっちのけになって、パートナーが1番優先になってしまうの。どうやったら付き合ってる時も自分らしく輝け …

自己紹介


Shota

英語、雲、海、パワーストーンが大好き。日本→カナダ→日本→オーストラリア→オージーの彼に出会い、オーストラリアでのんびり彼と暮らしてます。
英語、国際恋愛、カフェなど綴ります。

YouTube
Shota and Dean